2007年06月16日

バルサを勝利へ

今週末の決戦へ向けやれる事はやり尽そう!
という事で神頼みの願掛けです。
P6160084.JPG
正式にはミサンガを付け続けて自然に切れたら願い事がかなう。という話らしいですが
ま、細かい事は気にせずに・・・(笑)
神様、ロニ子様、勝利の女神様!!という事で
最後の最後まで諦めずに戦いたいと思います。
posted by KEN at 04:56| Comment(1) | TrackBack(0) | バルセロナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月01日

国王杯(Copa del Rey) VS Real Zaragoza(レアル・サラゴサ)2ndLeg

前回カンプノウで0−1と敗戦したコパ・デルレイ。
今度は敵地ロマレダに乗り込み2点以上とっての勝利を狙う。
不利な状況でのアウェーで現在のバルサがどれだけやれるかを占う1戦だった。
バルサのスタメンは、
  メッシ ロニー ジュリ
   デコ   シャビ
  マルケス イニエスタ
プジョル テュラム オレゲル
     ジョルケラ
ここで???と思った人も多いと思いますが、
どうもこのゲーム、ライカールトは3−4−3を試したらしい。
これが特別にサラゴサ用に用意したフォーメションなのか、
これからも機会があれば使っていくのかは分らないけど。。。
そして

試合開始
まず最初のチャンスは2分のサラゴサ。
いきなりカウンター発動。
しかりここはテュラムのカバーリングにより難を逃れる。
そして次のチャンスは5分のバルサ。
右サイドからのクロスをファーでメッシが中央のロニーを
狙い折かえす。しかしこれは精度が悪くクリアされてしまう。
10分 サラゴサは左サイドからDFラインとGKの間へ
絶妙なグラウンダーのクロスを入れディエゴミリートが飛び込む。
しかしわずかに届かずボールは逆サイドへ流れてゆく。
触れば1点という場面だった。
11分 シャビがペナルティエリア正面から右足で
ゴール左隅を狙いミドルシュート。
しかし狙いすぎたかボールはゴール左外へ。
この時間帯、一進一退の攻防が続く。
バルサは主に左サイドからメッシにボールを集め打開を図ろうとしていたが、
そこまでボールは割りと簡単に繋がるもののメッシが持った瞬間直ぐに2〜3人に囲まれ
何もさせてもらえなかった。
ロニーへの縦パスも何本か入っていたがDFを背負いながらボールをデコやシャビに
落とすのが精一杯という感じでそこからいい形への展開は見られなかった。
そんな中18分。シャビがマルケスとのワンツーで中央突破!
これが見事に決まりGKと一対一に。
シャビは落ち着いて右足でゴール左へ流し込みバルサ先制!
喉から手が出るほど欲しかった先制点を手に入れる。

↓シャビ得点シーン


更に21分右サイドからのサイドチェンジをいい形で受けた
メッシがカウンター!ゴールキーパーと一対一になるもこれはキーパーにセーブされてしまう。
この時間帯は完全にバルサペース。
このゲームを通してバルサに対するサラゴサの寄せが
甘かったがこの時間帯、特に中盤に対し甘かった。
それがバルサのMFが1枚増えた事による効果だったのかどうかまで
見極める目がないのは何とも歯痒いとこです^^;;
そして25分。先ほどのシャビと同じ様に
デコとのワンツーで抜け出したメッシがGKと一対一に。
しかしデコからのパスが少し長くなってしまい
メッシは体勢を崩しながら強引にスライディングシュートへ!
ボールは飛び出してきたGKに当たると吸い寄せられるかのごとく
メッシの後ろに居たイニエスタの足元へ。
これをイニエスタが豪快にボレーで決めゴール!0−2!!
この時点でバルセロナは勝ち上がり条件を満たす。

イニエスタ得点シーン


27分このままいけいけモードか?と思ってたバルサだったが
セルヒオ・ガルシアのミドルシュートがバーを直撃し肝を冷やす。
28分流石にこのスコアだとまずいと思ったサラゴサが
一気に攻撃に枚数をかけ流れの中にもかかわらず
バルサDF4枚にサラゴサオフェンス6人が襲い掛かる

最後オスカルがペナルティエリア内でシュートまで持っていき
一瞬「やられた!」と思ったがシュートはゴール上遥か彼方へ。
オスカルは悔しさのあまりポストを蹴るが
かなり足が痛そうだった・・・(笑)
30分ロニーがペナルティエリア右前35mくらいの位置で倒されFK。
このボールにファーでロニーが逆サイドを狙いヘッド合わせ
ボールはキーパーの横をすり抜けさらにゴールの横もすり抜ける・・・^^;;
42分右サイドからの展開しボールはメッシの元へ
メッシは迷い無くシュートするがGKにセーブされてしまう。
46分ロスタイム1分を消費し
前半終了

 スコアだけを見ればバルセロナは理想の展開。
しかし内容を見ればかなりオープンな撃ち合いになっただけに
サラゴサが決める所を決めていれば全く逆のスコアもあった。
この日のバルサは間違いなく運も見方につけていた。

後半開始
サラゴサは後半開始と同時にオスカルに代えアイマール投入
48分セラデスがマルケスを倒しイエローを受ける
49分セラデスがミドルシュートもジョエルケラがキャッチ。
この時サラゴサは前に4人詰めていてかなり前がかりになっていた。
55分ディオゴがイニエスタを倒しイエローを受ける。
57分アイマールがシャビを倒しイエローを受ける
58分マルケスがセルヒオガルシアにヒジを入れてしまいイエローを受ける。
この時間帯になってゲームが多少荒れ気味になってくる。
59分セルヒオガルシアがイエローを受ける。
60分デコが右サイドをエグりシュートもこれは枠の外。
66分ダレッサンドロがメッシへ軽くヘッドバット!
これをレフリーが見ていてダレッサンドロへレッドカード!
サラゴサは残り24分間10人での戦いを余儀なくされる事に。
しかし70分。そんな数的不利なサラゴサが
ペナルティエリア左前約30mの位置からのFKを
ニアでジェラード・ピケが合わせゴール!
サラゴサ1点返す。この時点で2試合トータルは2−2のタイスコアになるが
勝ち上がりの権利はアウェーゴールを2点取っているバルセロナに。
ジェラード・ピケ得点シーン(2:16秒くらいからです^^;;)


73分ジュリに代えザンブロッタ投入。
80分右サイドからアーリークロスが入りファーでジェラード・ピケが合わせるも
マルケスが競って体を当てなんとか体勢を崩させる。
86分左サイドをエグられマイナスのクロスをアイマールを狙って入れられるも
イニエスタが上手く体を入れファールをもらい阻止。
この時間帯はバルサもクレも我慢の時間帯が続く。
そんな中92分メッシが抜け出しGKと一対一に。
これで駄目押しか?と思ったシュートはゴール左隅目掛けて
転がるも最後にポストに嫌われる。
しかし93分なんとかロス3分を消費し
試合終了!

 久々にバルサの中に逆境からの強さを見たゲームだった。
チームのコンディションは絶好調とは遠いが
そんな中でもしっかり勝ち次へと進む事が出来るのは大きいと思うし、
セビージャ、リバポ、クラシコを見据えてコンディションを上げてゆくならば
今位置しているコンディションは決して悪く無いと思う。




――――――――――――――――――――――――――――

Real Zaragoza: César; Diogo, Piqué, G. Milito, Juanfran; D'Alessandro, Zapater, Movilla (Celades, 45'), Oscar (Aimar, 45'), D. Milito, Sergio García (Ewerthon, 72').

FC Barcelona: Jorquera; Oleguer, Puyol, Thuram; Xavi, Iniesta, Márquez, Deco (Gudjohnsen, 84'); Giuly (Zambrotta, 73'), Messi y Ronaldinho.

Arbitro: Medina Cantalejo (Andaluz). Tarjetas amarillas a Celades (48'); Diogo (55'); Aimar (57'); Márquez (58'); Sergio García (59'); Messi (66'); Zapater (79'). Roja directa a D'Alessandro (66') por una agresión a Messi.

Goles:
0-1, Xavi (17')
0-2, Iniesta (25')
1-2, Piqué (71')

『SPORT』より
posted by KEN at 20:17| Comment(2) | TrackBack(3) | バルセロナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月02日

エトー練習合流



なんかもうこの画像見てるだけで泣きそうです(笑)
いよいよ、いよいよだぞっ!て感じですね!!
レオもアルゼンチンからバルセロナへ戻ってきたみたいですし。
ホントいよいよ、いよいよです!!(爆)
(あまりの嬉しさに日本語が少しおかしくなってますがご了承ください:汗)
posted by KEN at 05:36| Comment(0) | TrackBack(0) | バルセロナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月01日

国王杯(Copa del Rey) VS Real Zaragoza(レアル・サラゴサ)

アラベスに勝ち迎えたサラゴサ戦。
昨年の国王杯もこのサラゴサに負けたバルサ。
リーガではアトレティコと双璧をなすくらい相性悪いかも・・・^^;;

 ロニー コネホ イニエスタ
   デコ   シャビ
    エジミウソン
ザンブロ      オレゲル
  プジョル マルケス
    ジェルケラ

スタメンはジョルケラ以外はリーガとあまり変わらずといった感じ。
試合開始前、ベンチにはジュリ、グッディ、GIOが、
スタンドにはエトー、モッタ、シウビーニョが座ってました。
試合開始
1分 日曜のセルタ戦の流れそのままに立ち上がりはバルサペース。
7分にロニーからイニエスタへのサイドチェンジから1対1の場面を作り出すなど
ハイペースで攻めが続く。
ディフェンスも8分までにサラゴサからオフサイドを3つとるなど
積極的にラインを上げ攻撃的な守備を行っていた。
しかし、パスはテンポ良く繋がるものの11分までバルサはシュート0本と
なかなかフィニッシュまで持ってゆけない。
そんな中14分にシャビがゴールから約30m離れた位置から
ロングシュートを放つもこれはゴール左へ外れてしまう。
20分には左サイドのロニーからシャビの前を通り右サイドのイニエスタへ
再びイニエスタが中へ戻しシャビがゴール正面ペナルティエリア外からミドルを
放つがこれはGK正面へ。このゲーム初めていい展開からシュートまで持っていけた場面だった。
この時間帯まで高い位置でボールも奪えていてバルサがいいリズムで
ゲームを進める。
25分 カウンターから縦パスがロニーに入り、
落としたボールをデコがミドル。
しかしこれはゴール左に外れてしまう。
29分 左に流れたサビオラが右サイドのイニエスタへパスするも
相手DFにあたりコースが変わってしまう。これをなんとかイニエスタが
足に当てるも上手くミートできずゴール左へ外してしまう。
場面的にはGKと一対一になり決定的な場面だったが、ボールが難しかった。。。
37分 ここまでサラゴサにミスが目立ちいくつかバルサが
チャンスを作っていたが、それをものに出来なかった。
40分 バルサDFラインがラインコントロールをミスり
オスカルに裏を取られジョルケラと一対一になるもなんとかクリア。
このゲーム、サラゴサにとって初めて決定的な場面だった。
42分 Sガルシアがペナルティエリア右外からゴール左を狙いミドルを打つと
シュートはジェルケラの手の横を通りポスト直撃!
跳ね返ったボールはバルサDFの元へ転がりなんとかクリア。
45分 前半終盤流れが嫌〜な感じになってきた所でロスタイム1分を消費し
前半終了。
 
 前半は守備で1対1で殆ど負けなかったが、ラインコントロールをミスしたり
バイタルエリアでの寄せが甘かったりでピンチを招いた。
攻撃はコネホに殆どボールが入らなかったのと、
1対1の場面から打開できなかった為ゲーム全体のペースは握っていたものの
なかなか決定的な場面を作り出す事は出来なかった。

後半開始
47分 プジョルがディエゴミリートを倒しファール。
ペナルティエリア右角あたりからFK。
左足で巻いたボールを中へ入れるがこれはクリア。
そしてその2分後49分反対にコネホが倒されバルサに
FKのチャンス。場所はペナルティアークから5m程右足で狙うには絶好の位置。
キッカーはロニー。右足から低い弾道で蹴りだされたボールはGKの前で
ワンバンするもこれはあまりにも正面に行ってしまいキャッチされてしまう。
53分 中盤からのロングボールにSガルシアが抜け出しボレーを放つが
ゴール上へ外れる。
54分 相手のシュートをキャッチし前線へボールを送ろうとした
ジョルケラを妨害したとしてSガルシアがイエローを受ける。
56分 イニエスタが自らドリブルで持ち込みペナルティエリア右角付近からシュートを打つがこれはゴール左へ外れてしまう。
この時間バルサは前半の様にペースを握りきれず一進一退の攻防が続く。
57分 オスカルが裏へ出たボールへ反応するがオレゲルが足を目一杯伸ばしCKに逃げる。
このCKは難なくクリア。
57分 ディエゴミリートがロニーへタックルしイエローを受ける。
60分 ザンブロッタOUT ジオIN エジミウソンOUT ジュリIN
この交代によりイニエスタがピポーテに下がりジュリがいつもの位置へ。
ジオはそのまま左SBへ入った。
62分 ジェラード・ピケがイエローを受ける
66分 SガルシアOUT アンフェルラフィタIN
67分 シャビのインターセプトからカウンターへ
そこからコネホ→ジュリ→コネホと渡りフィニッシュまで行くが
肝心のシュートがミートせず。
67分 後半かなり自由に動いていたロニーが
ペナルティエリア右から珍しく左足でミドルを放つが、
ボールは左コーナーフラッグの方向へ・・・^^;;
68分 ジェラード・ピケOUT ホセ・マリア・モビラIN
69分 ジュリが右サイドで1対1に勝ちフリーで強く低いクロスを上げ
中に2〜3人ブラウグラナのユニフォームが見えたにも拘らず誰も触れず
ボールは逆サイドのジオへ。再びクロスを上げるがこれもクリアされてしまう。
73分 マルケスのバックパスミスからCKを献上。
ショートコーナーからクロスを上げられるがこれはクリア。
またマルケスの悪い癖が・・・^^;;
ちなみにこのゲーム、サラゴサはショートコーナーを多用していた。
そして77分ダレッサンドロの右CKからディオゴにゴール前で合わされゴール!
バルサ失点。オレゲルがついていたものの何故かゴール前にもかかわらず
1対2の状況を作られてしまった。ここまでセットプレーのディフェンスは
難なくこなしていただけにこのゲームひとつのミスが命取りになってしまった。
そして残り13分でこの1点は大きすぎた。
79分 シャビOUT グジョンセンIN
80分 ロニーのスルーからジオに通りクロスを上げるがクリアされてしまう。
しかしこのクリアボールをイニエスタが拾いミドルを放つ
が、ゴール上へ外れてしまう。
83分 ディエゴミリートOUT アンフェルラフィタIN
90分 ペナルティエリア斜め左30mからのFKに
グッディが触るがゴールならず。
そしてロスタイム3分を消費し
試合終了

 このゲームで感じたバルサの課題は安定したパフォーマンスを
90分通して発揮できない事。
もし前半のパフォーマンスを後半も同様に発揮できたならば
結果は違っていただろう。。。
カンプノウでの1stLegを落としたバルサ。
2ndLegは2月28日、舞台をエスタディオ・ラ・ロマレラに移し行われる。
要はここで0−2で勝てば良い訳で、バルサにはその力がある。


バルセロナ0−1サラゴサ
       77,ディオゴ

0 - Barcelona: Jorquera, Oleguer, Márquez, Puyol, Zambrotta (Gio, min. 60), Edmílson (Giuly, min. 60), Xavi (Gudjohnsen, min. 79), Deco, Iniesta, Ronaldinho y Saviola.

1 - Zaragoza: César, Diogo, Sergio Fernández, Gabi Milito, Juanfran, Zapater, Piqué (Movilla, min. 68), D'Alessandro, Oscar, Sergio García (Ewerthon, min. 66) y Diego Milito (Lafita, min. 83).
posted by KEN at 19:54| Comment(2) | TrackBack(0) | バルセロナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月17日

国王杯(Copa del Rey) VS Alavés(アラベス)

今日は国王杯!久々にマッチレポでもと思い書いてみました!!


 1stLegバルサがアウェーで0−2で物にした後、
舞台をカンプノウに移した第2戦。
この日のカンプノウのキックオフの時点で
お客さんの入りは7割くらい。
このゲームのスタメンは
  ロニー  サビオラ  エスケロ
     ジオ   シャビ
       モッタ
シウビーニョ      オレゲル
    プジョル マルケス
      ジョルケラ

アラベスのメンバーはよく分りませんが
一応11人居ました(爆)
システムは4−4−2。

前半

 バルサボールでキックオフ。
前半は左にバルサ右にアラベス。
2分 開始早々シウビーニョのサイドを崩されるが
ここはプジョルが戻りながらのスライディングで足に当てクリア。
3分 直ぐにバルサ反撃。スルーパスにジオが反応し、
ペナルティエリア奥深くえぐりぎりぎり折り返すがこれはGKにキャッチされてしまう。
10分 マルケスが前線へ放り込む様なロングボール。
最近これが目立つ様になってきたバルサだったが、
縦に放り込む様なロングボールは前半これ1本だけだった。
13分 右サイドを崩しオレゲルがフリーでクロスを上げファーに居た
ロニーがこのボールを胸でトラップ。しかしトラップがずれてしまい、
その後のボレーも上手くミート出来ず。。。
14分 後ろからのボールをロニーがペナルティエリアの直ぐ外で
キープすると二人に囲まれ倒され
ペナルティエリア左角の絶好の位置からFKを得る。
勿論狙うはロニー。壁は4枚。
ロニーのイメージとしては壁の右上を越えゴール左下に落とすイメージだった様だが、
ボールは壁に当たると微妙にコースが変わりGK正面へ。
しかしボールの勢いは死んでおらずGKはボールを弾いてしまう。
そしてそこへ走りこんできたサビオラ(多分^^;;)に当たりゴール!
バルサ先制!
ちょうどゴール前に両チーム合わせて4〜5人なだれ込んで来たので
誰に当たったか分らなかったんですが、アラベスのDFが一人ハンドってアピールしていたので
OGで無い事は確か。あとはバルサの誰かですが、カメラがサビオラを映してたので
サビオラの得点に決定(笑)
18分 ロニーから右サイドのエスケロへロングパス。
エスケロが溜めを作ってる間にロニーが中へ入ってきて
再びエスケロからボールを受けペナルティエリア外からミドル!
がこれは枠の外へ外れてしまう。
この時間帯は完全にバルサペースで進み
20分 相手エンド左真ん中辺りからモッタがペナルティーアーク上あたりへ
アーリー気味のクロスを上げ、そのボールをCB2人に挟まれながらサビオラがヘッド!
ボールはループの軌道を描きGKの頭を越えるとゴール左隅に吸い込まれゴール!!
バルサ、追加点!2−0
28分 エスケロが後ろから6番にタックルを受け、6番にイエロー。
このファールでゴール正面約30mからFK。
殆どの人がロニーを蹴ると思ったが助走に入ったロニーはボールまで行くと
そのまままたぎ走り去り、後ろからマルケスが蹴る!
マルケスのキックはキレイにカーブがかかりゴール左下に落ちるが、
GKセーブ!かなり良いコースだったが、これはGKの読み勝ちだった。
31分 アラベスの左CKをニアで合わせられるがこれはゴール左に外れる。
このゲーム、何度かCKをニアで強いヘッドで合わせられ冷やりとする場面があった。
33分 この時間帯までバルサは常に高い位置からプレッシングし、
何度か高い位置で奪いチャンスに繋げる場面もあり、
このまま楽勝ペースか?と思った
34分 7番に裏へ抜け出されジョルケラと一対一の場面を作られると、
冷静に横へ浮かせ流し込みゴール!
バルサ失点。2−1。
7番には直前までモッタがマークしていたが、オフサイドと思ったのか
(放した時点で右手を上げてオフサイドのアピールをしていた)
放してしまい結果フリーにしてしまった。
更に40分 オレゲルがファールを取られペナルティエリア左前約25mからの
FKを与えてしまう。
このFKを14番に左足で壁の横を巻いたボールで綺麗に抜かれ更にはゴール左へゴール!
ジョルケラ1歩も動けず。同点。2−2。
これはキックが素晴らしくこのFK自体は防ぎようがなかった。
43分には再び裏に抜け出されるがこれはジョルケラが飛び出しクリア。
45分 ロスタイム17秒で前半終了。

 最初勢い良く2得点し一瞬楽勝ムードすら
漂ったが20分に2点目を入れてから25分で追いつかれてしまった。

 
後半開始

45分 後半開始と同時にエスケロを下げジュリ投入
そのまま3トップの右へ。
46分 後半のファーストシュートはバルサ。
サビオラが裏へ抜け出すも失速してしまう、がそこからキープし
シャビへ落とすとペナルティエリア右前から右足でゴール左を狙いミドルを
打つがこれはゴール左外へ外れてしまう。
48分 マルケスが相手からの何でもないロングボールをヘッドでクリアしたら
なんと7番に当ててしまいおまけに足がもつれて倒れる・・・(汗)
これを見たプジョル激走しゴールへ戻る。
その間に7番はジョルケラと一対一になりジョルケラをかわしシュート!
しかしジョルケラが体を投げ出しセーブに出たお陰でシュートは失速。
が、ボールはゴールへ転がる。。。そこへプジョル登場!
なんとかクリア!! この時はプジョルが神様に見えました(笑)
それにしてもマルケス・・・あのミスは・・・この前のバックパス失敗より
ひどかった。。。(汗)
51分 この時間帯はアラベスペース・・・。
56分 右サイドでボールを受けたジュリが
2人に囲まれるも強引に突破!更にもう一人!
しかしここでコントロールをミスってしまいGKにセーブされてしまう。
これ決まってたらホント、スーパーゴラッソでした。
57分 この辺りになると多少間延びしあちこちスペースが生まれだす。
そんな59分右サイドから駆け上がるとワンツーで抜け出しシュート!
一体誰だ!?と思ったらオレゲルだった(@@)
でもシュートはGKにセーブされてしまいました。。。
しかし、SBがココまで上がってこられると言う事はチームが機能してる証拠。
イイ流れだなぁと思ってたら
62分 シャビがロニーに当て再びシャビがもらうとDFラインの上をふわっと浮かせ
DFラインとGKの間に落とすとそこへ反応したサビオラがボレーでズドン!
ゴール!!バルサ勝ち越し!3−2
サビオラが抜け出した瞬間「オフサイド?」て思うくらい
素早い飛び出しでした。これでリード!
65分 オレゲルOUTでザンブロッタ復活!!
CWC以来だから1ヶ月ぶりですね。これで怪我人一人減りました!
71分 アラベスがペナルティエリア左角からシュート!
これがなんと右ポスト直撃!! この時ばかりは一瞬呼吸が止まりました。
でも無事入らずクリア。
73分 モッタに代わりエジミウソン登場
77分 ジオがイエローを貰う。でもこのFKはクリア。
80分 ショートコーナーからペナルティエリア前まで回ってきたパスをプジョルが受け
なんとココからスルーパス。なかなか見られないプジョルがスルーパスでしたが、
流石に慣れてないのかちょっと強すぎでクリアされてしまいました・・・^^;;
81分 元気MAXなザンブロッタがオーバーラップから強烈なミドルも
GK正面。コンディションも悪く無さそうだ♪
85分 今度は左サイドから「ジュリには負けないぜ!」と言いたげな
シウビーニョがドリブルで一気に切り込みペナルティエリアをえぐり
シュートまで持っていくがDFに当たりクリアされてしまう。
そしてこのショートコーナーキックを受けたロニーが今度は
「ジュリとシウビーニョには絶対負けない!」と言って(無いけど:笑)
ペナルティエリア内へ切り込みシュート!
が、これも防がれてしまう。
もう完全バルサのリズム♪と思ったらそこへ乱入者登場(笑)
見事に水を差してくれました^^;;
89分 ロニーが左サイドから右サイドのジュリへ
いつも見せるあのサイドチェンジを狙うが今日は通らず・・・^^;;
そして91分 ロスタイム1分を消費しタイムアップ!
バルサ勝利♪
スリル満点のゲームではありましたがこれで無事次へ進めます^^
でも、修正箇所いっぱいだなぁ(汗)



バルセロナ3−2アラベス
16,21,62 35,Wellington Paulista
Saviola 42,Arthuro



FC Barcelona: Jorquera; Oleguer (Zambrotta, min.66), Puyol, Márquez, Sylvinho, Motta (Edmilson, min.73), Xavi, Gio, Ezquerro (Giuly, min.46), Ronaldinho y Saviola.

Alavés: Ardouin, Edu Alonso, Gaspar, Mateo, Angel, Carpintero, Lacen, Gabri (Elton, min.65), Arthuro (Ian, min.71), Gentil y Wellington Paulista (Ogbeche, min.61).
posted by KEN at 08:23| Comment(3) | TrackBack(2) | バルセロナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月15日

エトー練習合流

なんか最近へこむゲームばかりで
更新する気になれなかったですが、
そんな中最高に嬉しいニュースが!
エトーが練習に合流しました!!
待ちに待ちに待ちに待ったニュースです^^
確かにグッディは頑張ってるしエトーが居なくなった間
頑張って穴を塞いでくれたと思います。
でも、エトーは唯一無二のバルサのCFW。
どんな苦しい展開でも1度のチャンスを
しっかりゴールへ結び付けて、どれだけ相手に流れが行ってようとも
それをバルサへ引き戻してくれる。
バルサの3トップはやっぱり
ロニー エトー レオ
がベストだと思ってます。
これで、REDS戦には余裕で間に合いそうで一安心。

エトーがチーム合流へ
posted by KEN at 15:55| Comment(2) | TrackBack(0) | バルセロナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月06日

GL突破決定!!

ここまで苦しかったです。
やっとでっかい山を一つ越えました。
バルセロナGL突破決定!!
やっぱりバルサ最高です。
2−0になるまではカンプノウから画面を通して
かなりの緊張感が伝わってきましたが、
同時にその時間帯は間違いなく今季最高のパフォーマンスでした。
バルサがチームとして輝いた時間帯はロニーも
正にトップギア、フルスロットルです。
でもまだロニーのコンディションは上がってる途中で、
持っても30分くらいかなとも思います。
まぁ30分バルサがトップギアに入れられれば
どんなチームからも得点できますが。。。
でも、最終的にシーズン終盤には90分このテンションで
プレー出来るのが完成形なんだろうなと思います。
これで、クラブW杯も心置きなく楽しめるってもんです♪
ドス・サントスとクロッサス、楽しみだあぁ〜(笑)
でも、イニエスタがちょっと心配です。
かなり嫌〜な角度で足首曲がってたので・・・
靭帯痛めてなければいいのですが。
posted by KEN at 07:11| Comment(2) | TrackBack(4) | バルセロナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月01日

悪夢再び...

あれだけゲームを支配し、自分達のサッカーをして、
シュートチャンスもあれだけ作り、各々のコンディションも良かった。
その証拠にゲーム中2度もリードしたのに。それなのに何故・・・
バルサディフェンスはあんなに脆くなかったはず。。。
これでGLの順位もブレーメンに抜かれ3位に後退。
現状ではGL突破すら無理な順位・・・・・
只今思考能力停止中です。誰か現実逃避の方法教えて・・・(涙)
ここまでやられたらもう決勝でチェルシーを叩くしかないですね。
これまではサッカーの神様が残した決勝までの布石だと思いたい。


posted by KEN at 07:00| Comment(2) | TrackBack(3) | バルセロナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月31日

HELL OR HEVEN

ついにこの時が迫ってきました。
なんだかもう泣きそうです(汗)
スタンフォードの悪夢から既に2週間あまり。
決戦の地を要塞カンプノウに代え場所も舞台も
リベンジするにはこれ以上ない状況。
メッシの足首もなんとか間に合い、
バルサは現状でのベストメンバーを組めそう。
アグレッシブに美しく全ての者を魅了するサッカーで
チェルシーを完膚なきまでに叩く最高のシナリオを
サッカーの神様は用意しているはず。
時が満ちたりる寅の刻まであと八時間。
そこに待つは地獄か天国か。
いざ尋常に勝負!
posted by KEN at 19:57| Comment(1) | TrackBack(1) | バルセロナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月24日

悪夢の2連敗

18日のチェルシー戦、22日のレアルマドリー戦、
恐らくバルサが世界で最も負けてはいけない2チーム。
それにまさかの2連敗。内容も最悪とまでは言わないがいい時のバルサとはかけ離れていた。
多分世界中のバルサファンは
「エトーが・・・」とか「ラーションが・・・」とか
場合によっては「テン・カーテが・・・」とまで思った者まで
居るかもしれない・・・(←思った人)
しかし考えてみると、ラーションもテン・カーテも居た昨シーズン。
数週間アフリカネーションズカップの為にエトーが不在になった事があった。
確かあの時バルサの成績&パフォーマンスが落ち、
勝てないゲームが続いた記憶があると同時にエトーの重要さに気づかされた瞬間でもあった。
あの時はラーションだったりマキシロペスだったりがなんとか穴を埋め、
リーガ優勝までなんとかこぎつけた訳だが、今はいない。
代わりに、グジョンセンとサビオラが今季新戦力になった訳だが、
今季のCFWは頼りなさ過ぎる。。。
チェルシー戦は既に記憶から削除されているので、
レアルとの試合を振り返ると時間帯にもよるが、
ゲームの約半分はバルサの時間帯があったとおもう。
そしてその時は中盤から効果的にボール奪取が出来ていた。
ならばなぜそこからつながらないか。
左のロナウジーニョにはハードマークがつき、
メッシは体を張ってポストプレーが出来るタイプではない。
となると必然的にCFWがこなさなければいけない仕事になる訳だが、
いまそれが出来るCFWがいない。
レアル戦ではロナウジーニョとメッシが何度かポジションチェンジを繰り返し、
試合中数回マークが甘くなった所から数少ないチャンスが生まれたが、
それも決め切れなかった。1つのゲームでポジションチェンジできる回数は限られるし、
やはりしっかりしたポストプレーを経由して組み立てなければ、
シュートチャンスを数多く作るのは難しい。
そう考えると「アンリが・・・」と思ってしまう今日この頃^^;;
このポジションについては確実に昨季より戦力ダウンしている。
おまけに現戦力では効果的な打開策がみつからない・・・
冬の市場が開く前にCLのGLは終わる訳で、
補強する訳にもいかず、冷静に考えるとかなり厳しいかもしれない。

 そしてCFWと並びもう一つの問題がDF。
特に最近はサイドから崩される場面が目立つ。
昨季あれだけの鉄壁を誇ったDFが何故・・・と思うが、
やはりテュラム、サンブロッタがいまいちフィットしていない。
オフェンスの選手ならばまだしも、DFは多少のほつれがすぐさま致命傷となるポジション。
イタリアとスペインではそもそも守備への考え方が違うと思う。
イタリアは守備の為の守備、スペインは攻撃の為の守備なのだ。
いくら二人が能力の高いプレーヤーと言えど対極にあるものを
短い期間で完璧に理解し実行するのは難しいと思う。
ここはもう1度、
ジオ プジョル マルケス オレゲール
の4人で守備を再構築し立て直しをはかり、
今シーズンテュラムとザンブロッタにはスペインの
DFを理解するのに専念してもらうのも一つの方法だと思う。

 今年の勝負は12月〜1月。
ここまでに上記の問題を解決した事をピッチ上で
示さなければリーガもCLはおろか無冠の可能性もあるかもしれない。
よりによってそんな時に来日なんて・・・・
クラブワールドカップなんて本気で無くてもイイのに。。。なんて思ってみたり^^;;
posted by KEN at 16:24| Comment(0) | TrackBack(0) | バルセロナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月17日

グジョンセン獲得

gudjohnsen.jpg
バルセロナはエイドゥル・グジョンセンをチェルシーから獲得したと発表した。
フォルランも名前が挙がってたがどうやらダメだったのかな?
確かに両足とも決定力のあるいい選手だが
チェルシーからか・・・・ちょっと複雑^^;;
おまけにラーションの穴を埋めるには少しプレースタイルが違う気が・・・
それともう一つ。マキシロペスがマジョルカへの1年間レンタルが決定。
ラーションの穴を埋めるのはマキシしか居ないと思ってただけに残念。
グジョンセン獲る位ならマキシを出場させて育てられないのかなぁ。。。
ポストプレーヤーが居ないぞ(汗)

グジョンセンのバルサ移籍が決定! bylivedoorSPRTS



↓現在101位!!100位以内まであとちょっと!
あなたはだんだんココ↓をクリックしたくな〜る
クリックしたくな〜る
ほらなって来た!(爆)
人気blogランキングへ
posted by KEN at 05:04| Comment(0) | TrackBack(0) | バルセロナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。