2006年07月13日

×ガンバ大阪

金沢で行われたJ再開後の1試合目。
そして新監督アジウソンの初陣。
ジュビロの先発メンバーは
    前田
西   名波  太田
 ファブリ 福西
服部      菊地
   キム 田中
     川口
の4−5−1です。
でも西は中に入ってトップに近いところでプレーする時間が多かったので
厳密には4-4.5-1.5というややこしい感じでした(笑)
試合の方は湿度と気温の高さ、雨で予想通り後半になると
両チームタレタレな感じに^^;;
前半はまぁまぁというか先制したところまでは良かったんですが
そこからコーナーキックで1点、前半終了間際に1点と
前半のうちに逆転されたあたりはまだまだ監督の代わった効果は出ていない
という感じでしょうか^^;;
あとはこのシステム使うなら両サイドの運動量がもっと必要で、
例えば左サイドで西が上がって突破しクロスを入れたときに
必ず太田が絞ってゴールのファーサイドに居ないと攻めに迫力が出ないというか
前田一人ではどうにもならないというか・・・^^;;
しかしサイドの駒不足な現状で途中交代させられる選手が居ない事考えると
やっぱ2トップが現実的かな。
この試合唯一新監督の色が出たのは菊地の右SB起用でしたが
可も無く不可も無くという感じでしょうか・・・
やはり菊地はボランチの方が活きると僕は思います。
4バックを維持するならばやはり若いSBが1〜2人は欲しい。
オールスターに選ばれた選手は抜けるものの、
次戦までの1週間、どこまで修正できるか監督の腕の見せ所ですね。
あと試合後のコメントで監督が「勝ち点2を逃した」と言ったのは
ちょっと嬉しかったです。
やはり負けないチームではなく勝つチームでなければいけませんから。

posted by KEN at 03:53| Comment(1) | TrackBack(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月09日

山本監督辞任

ジュビロ磐田の山本監督がナビスコカップの横浜FM戦後辞任を表明しました。
磐田の山本監督が辞任 成績不振「身を引く」 byスポナビ
かなり前からこういう声はありましたがこのタイミングでの発表はちょっとびっくり。
まぁ成績から言えばいつ辞めてもおかしくない成績ではありましたが・・・
後任などはまだ未定との事。
ちょうどヨーロッパがシーズンオフなのでそっちから監督を呼べればいいんですけどね。
勿論今のジュビロを立て直せる能力のある監督を。
個人的にはオランダ人監督を希望。
(サポの間ではドゥンガが一番支持されていたりします)
この国の指導者は、ラーカールト、ヒディンク、クーマン等など
世界レベルで結果出してる監督が多かったりします。
で、ジュビロでオランダと言えば1993年にPSVよりジュビロに来た
ジェラルド・ファネンブルグ。
噂によると1860ミュンヘンの監督を務めたのを最後に今年の3月からフリーになってるらしいので
上手く行けば・・・・?
でも、流石にもう磐田に興味は無いかな^^;;


↓僕のモチベーションアップの為に1クリックお願いします(笑)
人気blogランキングへ
posted by KEN at 02:44| Comment(4) | TrackBack(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。