2007年08月02日

全日本高等学校女子サッカー選手権大会 その2

本日も行ってまいりましたので更新(笑)
今日は画像多めですw
今日からは決勝ラウンド。
僕が観た対戦カードは藤枝順心×聖和学園、神村学園×日ノ本学園。

まず1試合目は藤枝順心×聖和学園。
前回大会王者でおまけに地元静岡の藤枝順心が登場とあって
スタンドもかなりの人でした。
DSCN1226.JPG

 試合の方は前半立ち上がりは互角だったものの
↓下画像のFKが直接ゴールネットを揺らし
徐々に聖和ペースになり、後半は完全に聖和ペース。

DSCN1186.JPG
DSCN1187.JPG
DSCN1188.JPG
DSCN1189.JPG
ペナルティエリア右寄りゴールから約25mの位置から
ゴール左へ鮮やかなFK。

DSCN1199.JPG
聖和は繋ぐサッカーで時折トリッキーなプレーも。
DSCN1208.JPG
藤枝順心1−4聖和学園

前回王者藤枝順心が準々決勝で早くも姿を消した。

DSCN1244.JPG

鳳凰高校が湘南学院を4−1で下した為
準決勝の対戦カードは聖和学園×藤枝順心に。


そして神村×日ノ本。

日ノ本のアップを見ていると・・・
バルサの選手発見!?(笑)
DSCN1268.JPG

実は下の記事で「日ノ本応援しようかな・・・」て言ってたのは
この選手のプレースタイルを気に入ったのが理由です(笑)
つけてる背番号のまま、エトーの様にCFWもサイドも出来る選手。
しかし今日バルサのユニ着てたのには驚いた・・・w

で、試合開始です。
DSCN1283.JPG
DSCN1287.JPG

試合の方は圧倒的な神村ペース。
日ノ本は相手の最終ラインとすら勝負させてもらえない状況でした。
神村の中盤の構成力、特に守備が良く
良い守備からそのまま良い攻撃へ繋げてました。
特に神村はサイドのタッチライン際に必ずと言っていいほど
1人張らせていて、奪うとそこから一気にサイド突破という形で
何度と無くチャンスを作ってました。
日ノ本は最後までその張った選手を捕まえ切れませんでした。
もしかしたら監督がバランスを重視してあえてマンマークをつけなかったのかもしれませんが
あそこまで突破されてたらバランスを捨ててもマーク付けざるおえないかなと思いますが。。。

DSCN1305.JPG
日ノ本も一矢報いましたが結局6−1で神村が準決勝へ。
日ノ本よりで観てたので悔しいですが、神村は格が違う感じでした。
各地方の王者集まってる全国大会の中でも更にこれだけの差があるんですねぇ。。。
DSCN1333.JPG
神村学園6−1日ノ本学園

 準々決勝最後の1つは常盤木が十文字を10−0で破り準決勝進出。
十文字と日ノ本の応援は今大会の中でも盛り上げが上手かっただけに
大会を去ってしまうのは寂しいです。

 これによって準決勝のカードは
聖和×鳳凰 神村×常盤木 になりました。
個人的には決勝は聖和×神村になったら面白いサッカーが
見れるんじゃないかなと思います^^

 しかし今日は暑かった・・・(雨って言ったの誰だヨ。。。)
腕、脚、胸、顔が日に焼けて真っ赤です(>_<)
こんなに日焼けしたのは小学校低学年以来です・・・(笑)



posted by KEN at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。