2006年07月01日

BEST8 イタリア×ウクライナ 

初出場でベスト8まで進んできたウクライナと
怪我や出場停止でメンバーを欠きながらも
その固いDFでここまで上がってきたイタリアとの対戦。
まずはウクライナのスタメンから。
  シェフチェンコ ミレフスキー
カリニチェンコ        グゼフ
     グシン ティモシュク
ネスマチニー        シェライエフ
     ルソル スビデルスキー
      ショコフスキー
怪我のボロニンに代わりミレフスキーが入った。
プレッシャーの少ない中どこまで出来るかな?と
思ったがやはりイタリアDFは甘くなかった。
対するイタリアのスタメンはこちら。
       トニ
      トッティ
 ペロッタ      カモラネージ
   ピルロ ガットゥーゾ
グロッソ         ザンブロッタ
   パルザーリ カンナバーロ
      ブッフォン
どんなフォーメションで来るのか注目されたが、
トニを1トップに4−5−1というシステムを使ってきた。
またネスタとマテラッツィがそれぞれ怪我と出場停止の為
CBが居らずここにはパルザーリが入った。

試合開始
3分カモラネージが15mほどドリブルし、
ペナルティエリア前でミドルを放つもこれはゴール右。
立ち上がり何故かウクライナDFラインと
ボランチ2人の間に大きなスペースがぽっかりと空いており
ここを使われドリブルからシュートまで持ってゆかれてしまった。
更に6分右サイドから上がったザンブロッタに
再度このスペースを突かれドリブルを許すと
ペナルティエリア右からミドルを打たれショコフスキーの手を弾き
ゴール右へゴール!イタリア先制!イタリア1−0ウクライナ
ザンブロッタの個人技も見事だったが、
ウクライナDFは一番空けてはいけないスペースを相手に与えてしまった。
15分スビデルスキーがイエローを受ける。
20分ブロヒン監督はかなり早い時間に動き
スビデルスキーに代えボロベイを投入
21分カリニチェンコがイエローを受ける
ウクライナは完全に出鼻を挫かれゲームはイタリアペースに。
22分ペナルティエリア右あたりのタッチラインからの
スローインをトッティがダイレクトで中へ入れ
トニがペナルティエリア内でキープし
ペロッタへ落とすも、これは打てず。
この大会、スローインからのサインプレーというか、
スローインもセットプレーと見て事前にそこからの攻撃を練習している様だ。
32分ティモシュクがペナルティエリア右からミドルを狙うも
これはゴール右へ外れてしまう。
ちなみにこのシュートがウクライナの初シュートだった。
47分ルソルが負傷しワシュクを投入した直後
ロスタイム2分を消費し
前半終了

 ウクライナはこれまでの試合同様
殆どシェバへボールを入れることが出来ず、
チャンスを作れずに前半を終えた。
イタリアとすれば前半立ち上がりの1点で
主導権を握り前半を自分達のペースを終える事が出来たので
上々の折り返しといった所か。

後半開始
後半序盤からウクライナが攻めに出ていくつかチャンスを作る。
3分ウクライナが左サイドからあげたクロスをグロッソが
ニアで触りファーポスト側へクリアするが、
一歩間違えばOGという少々危ない場面だった。
4分グシンがクロスにヘッドで合わせるも
ブッフォンセーブ!
更に12分グゼフがほぼ一対一の場面からシュート!
これをブッフォン弾くもボールはカリニチェンコの元へ
しかしこれもクリア!
ブッフォンは相変わらずの安定感で
この日もイタリアゴールに鍵をかけていた。
それにしてもブッフォンはここまでの4試合も含め
終始安定したパフォーマンスを披露し、
この試合では例え一対一の場面でもゴールを入れられる感じがしなかった。
そしてその直後の13分。
左コーナーキックをショートコーナーを使い
トッティが左サイドからクロスを上げると、
ゴール前中央でカンナバーロがフリーでヘッドを狙うも
これは高さが足りず頭の上を越える。
しかしその後ろに居たトニがDFを背負いながらヘッド!
ゴール左へゴール!イタリア追加点!イタリア2−0ウクライナ
確かにトッティからいいボールがあがったものの、
ゴール前にカンナバーロをフリーで飛ばせてしまう守備というは頂け無い。
22分ミレフスキーがイエローを受ける。
23分ここでリッピが動き
カモラネージに代えオッド
ピルロに代えバローニを投入と
2枚代えをする。この交代によりザンブロッタが左サイドへ移動。
24分その左サイドへ移ったザンブロッタが
左サイドを切り裂きえぐった所で中のトニにパス。
これはトニが押し込むだけで、ゴール!イタリア追加点!
イタリア3−0ウクライナ
ここに来てトニにやっと爆発の兆しが見え出した。
27分ミレフスキーに代えビエリク投入
31分ガットゥーゾに代えザッカルロ投入
33分ペナルティエリア前やや左約30mからのフリーキックを
シェバが低く速い軌道のボールで狙うもこれは冷静にブッフォンがパンチング。
44分シェバが左サイドからマルセイユルーレットで
2人かわし更にペナルティエリア内でもう1度ルーレットを見せ
かわそうとするが倒されてしまう。しかしこれはファールとってもらえず。
その後ロスタイム2分を消費し
試合終了
イタリア勝利!ベスト4進出!
恐らくイタリアはこの大会一番内容の良い
イタリアらしさが出た試合だったと思う。
おまけに一連のユーヴェの騒動でかなりチームが纏まっているだけに
更に上を目指せるかもしれない。
どうやら開幕前の予想でイタリアは0か100のどちらかと言っていたが
100だった様だ。
ウクライナはスイス戦をPKまで戦った疲れも
あったと思うが、初出場でこの成績は成功と言って良いと思う。


イタリア3−0ウクライナ
6'ザンブロッタ
59'69'トニ


↓ありがたいことに訪問者は日に日に増えているのですが、↓
↓何故かそれに反比例しランキング急降下中(汗)↓
↓でも今日はちょっとアップ(笑)↓
人気blogランキングへ




posted by KEN at 19:52| Comment(2) | TrackBack(0) | W杯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
(今回はふらっと遊びに来ました^^)

うわぁ・・・・
俺が風船爆弾について書いてたときにケンはサッカーを。。。。


なんと平和だ(笑
そして今はデイジーカッターなるもののレポを目論む俺って一体!!?
Posted by りゅう at 2006年07月02日 02:03
どんどんふらっと遊びに来ちゃってください(笑)
殆どコメントなくて寂しいんです^^;;
日100人くらいの方には見て頂けてるはずなんですけどねぇ(汗)
てか風船爆弾なんてあったんですね。。。
初めて知りました^^;;
Posted by KEN at 2006年07月03日 15:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。