2006年07月01日

BEST8 アルゼンチン×ドイツ

いよいよ始まったベスト8。
その初戦を飾るのがホスト国ドイツと
大会中一躍優勝候補NO1に躍り出たアルゼンチンとの対戦。
まずはアルゼンチンのスタメンから。
     テベス   クレスポ
      リケルメ
            ルイスゴンザレス
 マキシロドリゲス
      マスチェラーノ
  ソリン         コロッチーニ
     エインセ アジャラ  
       アボンダンシエリ
システムはいつもの4−4−2でリケルメスタイルとでも言うのかな?
しかしカンビアッソではなくルイスゴンザレス。
サビオラではなくテベスをスタメン起用してきた。
これが吉と出るのか凶と出るのか・・・・
対するドイツのスタメンはこちら。
   ポドルスキ クローゼ
Sタイガー         シュナイダー
    バラック
        フリングス
ラーム           フリードリッヒ
  メツェルダー メルテザッカー
       レーマン
こちらはいつもの4−4−2。
しかしバラックは少し上がり目
フリングスはその後ろもカバーという感じだったので
上みたいな形にしてみました。

試合開始
2分ポドルスキーがイエローを受ける
ちなみに注目されたサイドの引っ張り合いですが、
立ち上がりはソリンのサイドはアルゼンチンが。
ラームのサイドはドイツがやや攻勢だったかな?という感じでした。
7分左コーナーキックをリケルメが蹴り
ニアでソリンが飛び込むもこれは合わず。
前半アルゼンチンはもう1回コーナーキックがあり
そこでも同じプレーにトライしたが、これも合わなかった。
16分ペナルティエリア右前約20mから
クロスが入りこれをバラックがニアへ斜めへ走り込みながら
ヘッドで合わせるもこれは惜しくもゴール右へ外れてしまう。
18分左サイドでテベスがDFの股間を抜きペナルティエリア左へ走り込んできた
ソリンへパス。これが通りソリンが中へクロスを入れるもDFクリア。
ちなみにこの時間帯はドイツがディフェンス間でパスを回していても
クレスポを中心に前から積極的にプレスをかけ仕方なくレーマンへ
バックパスという場面が短い時間に何度かみられ、
かなり押し込まれてるなぁ。という印象だった。
24分左サイドからラームがクロスを上げるもこれは精度が悪く誰も合わせられない。
この日はスウェーデン戦の様に慎重にはならず、
そこそこ積極的に左サイドを上がる場面が何度か見られた。
ちなみにこの時点でポゼッションはドイツが37アルゼンチンが63と
圧倒的にアルゼンチンがキープしていた。
しかし試合展開は、両者とも崩される事なく五分五分に近かった。
再三指摘されてたドイツのCBの弱さというのも
フリングスが守備に重心を置いていた事を差し引いても
あれだけ中へ中へとガツガツくるアルゼンチンを押さえ切れれば
上出来だと思う。結局流れの中では得点無しですからね。
35分ペナルティエリア斜め右約20mからフリーキックを
ファーのアジャラを狙い上げるが、
これはアジャラのファールとなってしまう。
42分この時間帯は、一番失点を気をつけなければいけない
時間帯のひとつという事もあってか
リケルメがセンターサークルでプレーする時間が多かった。
しかし相手からしたらこのエリアでプレーするリケルメというのは
全然怖くないはず。
45分前半はロスタイム0分で
前半終了

 前半は両チームなかなか相手ゴール前まで持ってゆけず、
後半勝負かな?といった印象だった。
前半終了時でのポゼッションはドイツが35%アルゼンチンが65%。
自分達がボールを支配していると考えているアルゼンチンと、
相手にボールを持たせていると考えているドイツで
メンタル的にも五分だったと思う。

後半開始
1分ソリンがイエローをもらう。
そしえ4分リケルメが右コーナーキックを蹴ると
そのボールにこれまでと同様ニアにソリン、
その後ろにクレスポが飛び込むもボールは2人の
頭の上を越えクレスポが明けた後ろスペースへ
アジャラが飛び込みヘッドでゴール右へゴール!!
アルゼンチン先制!
アルゼンチン1−0ドイツ
これまでニア、ニアと二回続けて蹴っていたリケルメだったが、
3本目を真ん中に入れた所でゴールが生まれた。
14分マスチェラーノがシュナイダーを倒しイエローをうける。
16分シュナイダーに代えオドンコル投入
ここで100m10秒6の超速オドンコルを投入し
ドイツはより攻撃的に。
18分左コーナーキックから折り返したとこからの
こぼれ球をゴール前でバラックがボレーするもアジャラに当たってしまう。
25分クローゼとの接触で怪我をした
GKアボンダンシエリに代えフランコ投入。
結果的にアルゼンチンにとってはこの交代が最後まで響く事に。
26分リケルメを下げカンビアッソ投入
アルゼンチンは守りに入る。
29分シュバインシュタイガーに代えボロウスキ投入
34分クレスポに代えフリオ・クルス投入
そしてその直後の35分左サイドバラックからのクロスを
中でボロウスキがそらしファーのクローゼがソリンの前に入り
合わせゴール!ドイツ同点!アルゼンチン1−1ドイツ
守りに入ったアルゼンチンを崩すのはかなり大変なので、
このままあと10分過ぎるのかな?と思ってたところに
バラックから見事なクロスが入り、
クリンスマンのボロウスキ投入がビタッ!とはまった形になった。
やはりこれもホームの後押しあってこその同点劇だったように思う。
そしてこの時点で勝利する為にはもう1度攻めなければいけないとなった
アルゼンチンにリケルメの不在というのは想像以上に大きかったし、
ベンチにメッシ、サビオラ、アイマールといった選手が居るのに
投入できないという点はアボンダンシエリの怪我が大きかったのかなとも思う。
40分クローゼに代えノイビル投入。
ここで両チーム3枚のカードを使い果たす。
42分マキシロドリゲスがシュミレーションでイエローをもらう。
48分オドンコルがイエローを受けたあと
ロス4分を消費し
後半終了

 アルゼンチンはやはりリケルメを下げたのが10分くらい早かったかな?
という感じだった。そして同点にされてから再び攻撃モードへ
切り替えなければいけないとなった時に
攻撃の核となる選手が居らず、また投入も出来ないというのは痛かった。
ドイツからすれば粘って粘っての同点。
楽な展開ではなかったが、それでも90分終えた時点で
追いついての1−1のタイスコアでいられるというのは
かなりメンタル的に優位な立場に立てていたと思う。
そしてゲームは延長戦へ突入。
  
延長前半
アルゼンチンボールで開始。
アルゼンチンは延長立ち上がりから3トップの様な形で
攻撃的にゲームへ入った。
4分クルスがイエローを受ける
10分右コーナーキックに中でメツェルダーが合わせるも
これは惜しくもゴール上。
14分ペナルティエリア右角からルイスゴンザレスが
シュートを放つもこれはゴール右上へ。
その後ロスタイム1分を消費し
延長前半終了

延長後半開始
0分開始早々テベスがペナルティエリア約30から
ミドルを狙うもこれはレーマンキャッチ。
この日レーマンは120分通しかない良いパフォーマンスを見せていた。
が、本当の見せ場はその後に待っていた。
5分マキシロドリゲスの右コーナーキックに
ファーでクルスが合わせるもゴール上へ。
ここまでいくつかチャンスがあるもなかなか枠へ飛ばない。
8分フリードリッヒがイエローを受ける
10分左サイドからボールが入りペナルティエリア内でキープ
から右サイドのオドンコルへ展開し、
右サイドをえぐり折り返すがこれは誰も触れず。
14分ペナルティエリア斜め右約25mから
フリーキックもこれはバラックがクリアし
この後ロスタイム1分を消費し
延長後半終了
PK戦へ!

1本目
先攻はドイツ。ノイビルが決める。(1-0)
後攻アルゼンチン。クルスが決める(1-1)
2本目
ドイツ バラックが決める(2-1)
アルゼンチン アジャラがレーマンに止められる(2-1)
3本目
ドイツ ポドルスキが決める(3-1)
アルゼンチン マキシロドリゲス決める(3-2)
4本目
ドイツ ボロウスキが決める(4-2)
アルゼンチン カンビアッソ 右足でゴール右を狙い蹴るも
レーマン反応しセーブ!(4-2)
ドイツ勝利!ベスト4進出!!
レーマンは4本中全てに蹴った方向へ反応し、その内2本を止めた。
ちなみにスイス×ウクライナ戦に続きバラック以外の
7本を蹴る瞬間に「右っ!」とか「左っ!」とか言ってたら当たりました。
でも、バラックのは本当に分らなかった。
予想が外れる時でも大体蹴る瞬間直感的にどちらかに
決まるんですが、バラックだけはボールがゴールに入るまで分らなかったです。

 それにしてもこの舞台でCL準決勝の再現が見たかった!
リケルメがもう少し長い時間ピッチに立っていてくれたら見れたのに・・・
ちなみに、これまでかなりの確率でポゼッションが高い方が勝利し
先制点を取った方が勝利してましたが、
この試合はこれまでのデータをことごとく覆すドイツの勝利だった。
決勝の舞台まであと1勝。この勢いは止まらないのかな?
それにしても最初から予想が外れましたね・・・(汗)


アルゼンチン1−1ドイツ
49'アジャラ(4−2)80'クローゼ
       PK       


↓ありがたいことに訪問者は日に日に増えているのですが、↓
↓何故かそれに反比例しランキング急降下中(汗)↓
↓でも今日はちょっとアップ(笑)↓
人気blogランキングへ
posted by KEN at 07:32| Comment(0) | TrackBack(0) | W杯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。