2006年06月29日

ベスト8 プレビュー

W杯開幕から早20日。
期間中初の休養でこれから始まる準々決勝へ向け
プレビューなんぞをやってみようと思います。


ドイツ×アルゼンチン

 まずはホスト国ドイツと
死のグループCを勝ち上がってきた
アルゼンチンとのゲーム。
ドイツは大会前散々だったDFが
戦うごとに急成長を遂げ、
ここ3試合(ポーランド、エクアドル、スウェーデン)は
無失点という状況です。
それに今大会10得点をあげている
アルゼンチンオフェンスとのぶつかりあいというのが
この試合最大の見所でしょう。
も少し深く掘り下げると、
リケルメとバラックを抑えきるのはどっちか?
という事になると思います。
恐らくリケルメはフリングスとフリードリッヒが、
バラックはカンビアッソとネスマチーニあたりが見る事になると思いますが、
このマッチアップ、ソリンが同じサイドに居て
フリードリッヒはそちらの対応に追われそうなので、
リケルメが有利かな?なんて思ってます。
ちなみにこの両チームの対戦成績は
10試合やってアルゼンチンの4勝3分け3敗と
かなり拮抗した結果に。しかしここ5戦の対戦成績は
2勝2分け1敗と多少アルゼンチンリードです。
直近の試合は去年のコンフェデで2−2で引き分けてます。


イタリア×ウクライナ

 これまでの両チームの対戦はフレンドリーマッチ1試合と
1996年のEUROの予選が2戦の全3戦。
成績は3戦でイタリアの2勝1分けと
イタリアはこれまでウクライナに負け知らず。
しかし直近の今年6月6日に行われたフレンドリーマッチでは
0−0の引き分けで、殆どのメンバーがこの試合に出場してただけに
ウクライナのイタリアへのイメージというのは悪くないと思われます。

 この試合なんといってもシェバとイタリアDFの駆け引きが見所でしょう。
これまでイタリアで数々の実績を上げてきたシェバだけに、
カテナチオの崩し方は心得ているはず。
しかしウクライナの方はスイスとの死闘でボロニンが
負傷しイタリア戦には出場不可能という事で厳しい戦いには変わりなさそう。
やはりイタリア有利は揺ぎ無いところか。


イングランド×ポルトガル

 ここは10戦しイングランドの3勝5分け2敗と
かなり拮抗しています。
ここ5戦でもイングランドの1勝2分け2敗で
その1敗は記憶に新しい2004年のEUROで
決勝TでPKまで行っての負けだけに
ポルトガルのホームという事を考慮すれば
対戦成績はほぼ互角。
しかし、ポルトガルはオランダとの試合で、
退場者を2名だしており中でもデコの出場停止は痛いなんて騒ぎじゃない。
Cロナウドも怪我で微妙な状況。
これだけ戦力差があるとなると、イングランド有利と言わざるおえないか。


ブラジル×フランス

 このカードはご存知の通り98年の決勝カード。
あの時の印象は両チーム良い悪いは別にして
強烈に残っていることは間違いないだろう。
対戦成績は7戦で2勝3分け2敗と全くの五分。
当然ブラジルが勝ち越していない国というのは恐らく他に無く
イングランド、アルゼンチン、ドイツ、イタリアと
強豪国全てに勝ち越しているだけに、
対戦成績が五分というのは結構な苦手意識を持っている気がする。

 試合展開としては打ち合いに持って行ければブラジル有利だが、
恐らくそうはならず、スペイン戦の様にミスパスを奪い
リベリなんかがロベカルの裏を突ければ勝機は有るが、
この試合何と言っても鍵になるのはジダンのコンディションだろう。
彼がスペイン以上のパフォーマンスを見せれば
この試合面白い勝負になる事は間違いない。
とは言え8年前に居なかったロニーとカカという
2つの才能がピッチ上に居る事も忘れてはならない。
パレイラがここを最大の勝負と睨み一気に
この2人にトップコンディションまで
上げさせる事があればいくらフランスと言えど太刀打ちできないだろう。
またゼ・ロベルトとジダン、マケレレ&ヴィエラとロニー&カカの
マッチアップは非常に面白そうだ。
フランクフルトがジダンのラストダンスの地なるか?

 ちなみに最後に気が早いがちょっと面白いデータを。
イングランドがベスト4へ勝ち上がった場合、
対戦する可能性があるのはブラジルとフランスの2チームだが、
この両国に対するイングランドの対戦成績が実に極端なのだ。
ブラジルに対しては1勝5分け5敗と
11戦して1勝しか出来ていない。
しかしフランスとは4勝2分け2敗と8戦し
5割の勝率を残している。
イングランドが40年ぶりの栄冠を手にするには
フランス勝利が必須条件か?

posted by KEN at 17:39| Comment(0) | TrackBack(1) | W杯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ワールドカップ ジダンの頭突きスペシャル mixi(ミクシィ、ミクシー)コミュ紹介ブログ
Excerpt: mixiコミュ紹介ジダンの頭突きスペシャルワールドカップ決勝戦 フランス対イタリア延長戦後半5分にフランスのジダン選手がイタリアのマテラッツィ選手に頭突きを食らわせて一発退場になりました。その一発退場..
Weblog: mixiコミュ紹介ブログ
Tracked: 2006-07-10 22:47
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。