2006年06月29日

決勝トーナメント一回戦 フランス×スペイン

グループHを3連勝で上がってきたスペインと
グループGを1勝2分けで上がってきたフランスとの対戦。
ちなみにこの試合がベスト16最後の試合。

     トーレス
 ラウル      ビジャ
   チャビ  セスク
     アロンソ
ベルニア      セルヒオラモス
   プジョル パブロ
    カシージャス
システムはいつもの様に4−3−3。
が今日はセスクがスタメン起用。
グループリーグの様なトーレスとのホットラインが
期待されたが、この試合その場面は見られなかった。
      アンリ
 マルダ  ジダン  リベリ
   マケレレ ヴィエラ
アビダル       サニョル
   ギャラス テュラム
     バルテズ
こちらはジダンが戻り4−5−1に。
トーゴ戦を見る限り2トップの方が機能しているように
感じたがやはりこのチームはジダンのチーム。
ジダンが復調してくると同時にチームも機能し始めた。

試合開始
8分ペナルティエリア右約15mからフリーキックを
ベルニアが左足で狙うもこはゴールの上へ外れてしまう。
22分右サイドからのアンリの低く速いクロスに
ニアにリベリ、ファーにヴィエラが飛び込み
どちらが触っても1点という場面だったがどちらも触れなかった。
ちなみにこの試合もアンリがサイドに流れている時などは
ヴィエラが積極的に攻撃参加しペナルティエリア内に居る事も多かった。
27分スペインの左コーナーキックはニアでクリアされるも
セカンドボールを拾いそこからもう1度組み立て直すと
ペナルティエリア内左に残っていたパブロにボールが入り、
キープするとテュラムがパプロを倒してしまい
ファール!スペインPK獲得。
これをビジャが右足でゴール左へ完璧なコースで蹴り込みゴール!
スペイン先制!フランス0−1スペイン
スペインペースの時間帯から生まれた得点だった。
30分スペインが左コーナーキックを蹴るもこれはニアでクリアされてしまう。
ちなみにこの試合フランスはニアとファーに一人づつ置きあとはマンマークという形で守備をしていた。
そしてこの時間帯からスペインのSB。特にセルヒオラモスが
積極的に上がり攻撃参加をし始める。
そして41分。このままスペインの1点リードで
前半を終えるのかと思った瞬間。
高くなったスペインDFラインをヴィエラのパスが貫き
それに反応したリベリが抜け出すとカシージャスをかわし
トップスピードで帰ってきたプジョルとベルニアの足先を
嘲笑うかのようにボールはゴールの中へ。
ゴール!フランス同点!フランス1−1スペイン
ヴィエラにプレスをかけ切れなかった事、
2列目から飛び出したリベリを捕まえ切れなかった事が
失点の原因だった。
このあとロスタイムを消費し
前半終了

 スペインとしては前半自分達のペースで
ゲームを進めていただけに嫌な時間帯に失点してしまった。
フランスからみれば前半先制を許しながらも
自分達のペースと言い切れない状況で同点に追いつけたのは
後半勢いに乗る為には十分な好材料だった。

後半開始
51分スルーパスにマルダが抜け出し
カシージャスを一対一に。ここでマルダはループを狙うも
うまく浮かすことが出来ずカシージャスにクリアされる。
54分アラゴネスが先に動き
ビジャに代えホアキン
ラウルに代えガルシア
と2枚代えをし、勝ち越し点を奪いに行く。
67分ヴィエラがセスクを倒しイエローを受ける。
68分ベルニアからの左クロスを
ガルシアがヘッドで合わせるも叩きつけ過ぎてしまい、
ボールはゴール上へと外れてしまう。
70分チャビに代えマルコス・セナ投入
後半は全体的にフランスペースの中、
2枚代えをしリズムを変えようと思ったアラゴネスだったが、
思うようにいかずこの時点で3枚目のカードを切った。
がしかしこれでもフランスのリズムは崩す事が出来ず、
以前フランスペースでゲームは進んだ。
ちなみに今思うとこのタイミングでセナではなく
イニエスタを投入していても面白かったかなとは思う。
74分マルダに代えゴブー投入。
フランスはここで1枚目のカードを切った。
どうやらドメネクは延長戦まで見据えていたようだ。
78分ここまでらしいプレーを見せれて居なかった
ホアキンがようやくあのドリブルで右サイドを切り裂き、
自らシュートまで持って行くもこれはゴール右へ外れてしまう。
80分プジョルがアンリを止められず体をぶつけてしまいイエローを受ける。
そして83分このファールで得たペナルティエリア前やや右
約30からのフリーキックを
ニアでアロンソが触るもクリアしきれずファーに走りこんだ
ヴィエラに合ってしまい、ゴール!
フランス逆転!フランス2−1スペイン
プジョルはどうもこのゲームに限らず
これまでのゲーム全てでバルサの時の様な
人に強く、一対一で必ず勝つ強さというのを
見せられないで居たように思う。
とはいえプジョルに限らずイニエスタもチャビも
この大会100%のプレーというのは見れなかった。
やはりCLを最後まで戦った影響というのは
予想以上に大きいのかな。
86分リベリがイエローを受ける
88分アンリに代えヴィルトール投入
90分ジダンがイエローを受ける
そしてそのまま試合終了かと思った91分。
スルーパスに抜け出したジダンがワンフェイクでプジョルをかわし
右足でゴール左へゴール!フランス追加点!
ジダンの冒険はまだまだ終わらない。
そしてその後ロスタイム3分を消費し
試合終了

 フランスが勝利し98年決勝以来のブラジルと再戦が決定した。
恐らくこのゲームに勝利したチームがこのブロックは勝ち抜くであろう。
そしてドイツ×アルゼンチンの勝者と決勝で当たる事になるだろう。
それにしてもスペインはまたもやベスト16で
夢尽きる結果になってしまった。
若い選手が多いだけに1試合の中でも波があるのが
最大の弱点の様な気がする。
EUROこそ結果を残してくれる事を期待しよう。


フランス3−1スペイン
41'リベリ   28'PKビジャ
83'ヴィエラ
92'ジダン


↓ありがたいことに訪問者は日に日に増えているのですが、↓
↓何故かそれに反比例しランキング急降下中(汗)↓
↓でも今日はちょっとアップ(笑)↓
人気blogランキングへ

posted by KEN at 16:32| Comment(0) | TrackBack(0) | W杯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。