2006年06月27日

決勝トーナメント一回戦 イタリア×オーストラリア

日本を破り決勝T進出を決めたオーストラリアが
混戦グループEを抜け出したイタリアとのマッチアップ。
ヒディンクは2年前の再現なるか?ってとこでしょうか。
確かにこの試合リッピとの対照的な采配が面白かったです。
まずはオーストラリアのスタメンから
          ビドゥカ
  ブレシアーノ  ケイヒル ステリョフスキ
  ウィルクシャー  グレッラ クリナ
  チッパーフィールド ニール ムーア
         シュウォーツァー
3−3−3−1。相変わらずヒディンクは面白い選手の並べ方を考えてきます。
ブラジル戦同様イタリアオフェンスにはマンマーク気味での守備でした。
対するイタリアのスタメンはこちら。
      トニ
  デルピエロ ジラルディーノ
ガットゥーゾ      ペロッタ
      ピルロ
グロッソ        ザンブロッタ
  マテラッツィ カンナバーロ
      ブッフォン
こちらの注目はやはりトッティではなくデルピエロを
スタメン起用したきたという事だろう。
背番号7が一体どんな活躍をみせてくれるのか注目が集まった。

試合開始
1分チッパーフィールドが左サイドからクロスを上げ
ケーヒルがヘッドで合わすもこれはしっかり合わず
ブッフォンキャッチ。
3分左サイドのクロスからファーでトニが合わすもこれはゴール右に外れてしまう。
両チーム立ち上がり、サイド攻撃からチャンスを作る。
だが暑さもあってか立ち上がりはかなりスローペースだった。
しかしその中でもイタリアがボールを持つと
上手くリズムを速めそこからチャンスをいくつか作っていた。
19分ジラルディーノがゴール前でボレーを打つも
ここはシュウォツァーが反応しクリア。
21分ハフェーラインからピルロのパスをトニがペナ内で
トラップしそこから反転シュート!
がこれをシュウォツァーが足でセーブ!
22分グレッラがイエローを受ける
23分ペナルティエリア左約25mからのフリーキックを
ファーでビドゥカが合わせるもこれはブッフォン正面。
オーストラリアはやはり高さやフィジカルといった面では
イタリア相手に分があった。
ここまでゲームの展開五分五分といいったところか。
28分グロッソがイエローを受ける
そのファールで得たペナルティエリア斜め右25mからのフリーキックが
中での競り合いからこぼれファーに走りこんだチッパーフィールドが
シュートするがブッフォンセーブ!
決定的な場面だった。
34分ピルロのペナルティエリア右への浮きパスを
走りこんだペロッタがヘッドで中へ折り返し
そこへトニが走りこみヘッドもシュートは惜しくもゴール上へ。
前半のピルロはオフェンス面で結構目立っていた。
40分ペナルティエリア左30mからのフリーキックを
ファーでトニが折り返しジラルディーノ飛び込むも触れず。
その後ロスタイム1分を消費後
前半終了

 前半オーストラリアはイタリアとほぼ五分五分だった様に思う。
ビドゥカへの縦パスもそれほど多くないながらも
おさまりそこからチャンスになっていた時もあり、
もう1歩といったところか。
対するイタリアはピルロから決定的なパスが何本か出て
ここが突破口になりそうな感じだった。

後半開始
と同時にリッピが先に動き
ジラルディーノに代えイアキンタ投入
3分そのイアキンタから右サイドクロスが入り
トニが落としペロッタという決定的な場面だったが枠飛ばず。
イアキンタは中央に居るというよりはサイドに流れての仕事が多かった。
4分ケーヒルがイエローを受ける。
そして5分マテラッツィがブラシアーノへタックルし
なんとこれが一発レッド!退場となってしまう。
このシーンは映像を見た方も多いと思うが、
ファールかイエローか微妙な判定くらいのタックルだと思う。
少なくともレッドというのは厳しすぎる。
しかしこの退場がイタリアのカテナチオをより堅くしてしまう結果となった。
10分トニに代えパルザーリ投入。
FWを1枚削りマテラッツィの居た位置にそのままパルザーリが入る。
13分チッパーフィルドが縦パスに抜け出し
反転シュートもブッフォンナイスセーブ。
この日のブッフォンはMOMに相応しい活躍だった。
15分ウィルクシャーがデルピエロを倒しイエローを受ける。
18分イタリアのカウンター発動!
ディフェンス2対オフェンス3のチャンスから
右サイドを攻め上がりファーのデルピエロを狙いクロスを上げるも
これは精度が悪く大きすぎデルピエロの頭の上を越えていってしまう。
29分デルピエロに代えトッティ投入
これで退場者があったとはいえイタリアは交代枠を全て使い果たした。
が対するオーストラリアは未だに交代0名。
負けているタイミングでの選手投入の早さは有名なヒディンクだし
一人多くなった時点で早めに動くのかな?とも思ったが、
結局36分にステリョフスキに代えアロイージを投入するまで
動かなかったのか動けなかったのか分らないが、
選手交代はしなかった。
当然延長というのも頭にあった事は間違いないし
審判が帳尻あわせにくるかもしれないというのも
もしかしたら頭の隅にあったのかもしれない。
おまけにオランダ戦を見ていたとしたら
ポルトガルが一人少ないのを活かしオランダがファンデルファールトを
投入したがオランダにも退場者が出てしまい結果
オランダの方が苦しい状況になってしまったというのも記憶に残っているはず。
しかし勝負が早いイメージのあるヒディンクとしては
良い悪いはつけられる問題ではないが
らしくなかったというのは確かだ。
ここはマテラッツィが居なくなり高さの不足するイタリアに対し
ケネディを投入し露骨に高さで勝負するというのも
90分で勝負するならば有効な手段だったように思う。
ちなみにこの時間までのポゼッション率は
オーストラリアが59%イアリア41%とオーストラリアが
上回っているにもかかわらずシュートの本数は
イタリアが上回っていた。
となるとオーストラリアが支配していたというよりは
ボールを持たされ尚且つ出す所が無かったのではないか?
繰り返すがやはりここはターゲットマンがいれば
よりチャンスを広げられていたように思う。
とはいえヒディンクは魔法使いでも超能力者でもなく
PSVを率いCLではリヨンやミランに負けている。
で脱線した話を試合に戻すと、^^;;
トッティ投入後イタリアはスイッチが入ったように攻めに転じた。
41分クリアミスをイアキンタが拾いシュートするも
これはキーパー正面。
43分ガットゥーゾがイエローを受ける。
45分ザンブロッタがイエローを受け、
このまま試合終了かと思った47分。
左サイドでブレシアーノと一対一になったグロッソが
勝負しブレシアーノをかわすとペナルティエリア内で
更にニールにも勝負を仕掛け結果倒されこれを主審がPKの判定。
イタリアPK獲得!
これをトッティがゴール左へ落ち着いて決めゴール!
イタリア決勝点!イタリア1−0オーストラリア
この直後ホイッスルが鳴り試合終了
イタリア ベスト8進出。
う〜んなんとも劇的な試合だったが、
途中投入の選手がまたゴールをあげたという意味では
リッピの方が1枚上手だったか?
イタリアはウクライナ×スイスの勝者と対戦することになった。


イタリア1−0オーストラリア
95'+PKトッティ


↓ありがたいことに訪問者は日に日に増えているのですが、
何故かそれに反比例しランキング急降下中(汗)↓
人気blogランキングへ

posted by KEN at 22:39| Comment(2) | TrackBack(1) | W杯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うぃーっすです(笑
いやーマメに更新してますねー
細かくてすげーです(笑
因みにコチラってリンクフリーですか?

僕のブログのほうからしたいんですが。。。

一応作業します。
ダメだったらどっかカキコしてください。


ではッ!
Posted by りゅーめ at 2006年06月28日 01:22
コメントどもです^^
もちろんリンクフリーですよ〜
ありがとうございます♪

 更新はなんとかやってます(笑)
ちなみに試合はメモ取りながら見てるんですけど、
勉強でも出来た事の無いペンダコができました(爆)

Posted by KEN at 2006年06月28日 02:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

マテラッツィ退場も、イタリア勝利
Excerpt: 今朝のイタリア対オーストラリア戦で、イタリア代表DFマテラッツィが味方もろとも狩るようなスライディングで退場になりました(汗) マテラッツィはなんかやってくれるだろうと思っていましたが・・・。 それ..
Weblog: EMBAIXADA (エンバイシャダ) サッカー・フリースタイルフットボール動画館
Tracked: 2006-06-29 18:36
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。