2006年06月25日

決勝トーナメント一回戦 ドイツ×スウェーデン

いよいよW杯も決勝トーナメントに入り、
ココからは一試合1チームずつこの大会から姿を消してゆく
文字通りのサバイバルとなる。
そしてその最初の戦いはホスト国ドイツと
イングランドに引き分け上がってきたグループB2位のスウェーデン。
まずはドイツのスタメンから。
   ポドルスキ クローゼ
Sタイガー       シュナイダー
   バラック フリングス
ラーム         フリードリッヒ
  メツェルダー メルテザッカー
       レーマン
ドイツは出場国の中でも珍しくどのポジションも
しっかり先発の11人が決まっていてどの試合も
殆どメンバー変更が無い。
対するスウェーデンのスタメンはこちら。
     ズラタン ラーション
リュングベリ シェルストム ヨンソン
       リンデロート
  エドマン        アレクサンデション
     ルチッチ メルベリ
       イサクソン    
順当に決勝Tまで上がってきたスウェーデンだが、
ココから先は勝たなくては先へ進めない。
となると必然的にズラタン・イブラヒモビッチの復調が
スウェーデンの命運を左右する。

試合開始
この試合決勝T初戦だけに慎重な立ち上がりを予想していたが、
5分いきなり試合が動く。
バラックからのパスを受けたクローゼが
ディフェンス2人に挟まれながらもワントラップで
抜け出しシュートしようとするが
GKの好判断で飛び出しコースを塞ぎ打たせない!
しかしこのこぼれ球をポドルスキがしっかり詰めゴール!!
ドイツ先制!ドイツ1−0スウェーデン
ディフェンス2人に寄せられながらも
クローゼの抜け出し方は絶妙だった。
7分ラーションがペナルティエリア内左で
前を向きシュートを打つがこれはディフェンスに寄せられ
ゴール左へ外れてしまう。
9分ペナルティエリア前約20mからバラックがミドルを放つも
これはゴール左へ外れてしまう。
この日バラックはこれでもかと言うくらいミドルで
ゴールを狙っていた。結局この日はゴールになる事は無かったが
可能性を感じるシュートはいくつもあっただけに
この先コンディションが上がってこれば期待できそうだ。
そして13分ペナルティエリア右角へ居たにクローゼボールに入り
クローゼはそのままペナルティエリア前を左へドリブル。
DF3人をひきつけた所で後ろから走り込んできた
ポドルスキーにパスしポドルスキーはこれを落ち着いてゴール右へ決め
ゴール!ドイツ追加点!!ドイツ2−0スウェーデン
クローゼにこのエリアで自由に持たせてはやられてしまうのも当然だ。
17分スウェーデンがペナルティエリア左角約15mの位置から
フリーキックを獲得するもこれはDFにクリアされてしまう。
ちなみにこの試合スウェーデンもドイツも基本的にゾーンディフェンスだったが
ドイツはイブラヒモビッチにだけはマンマークをつけていた。
26分フリングスがイエローを受ける
27分ルチッチがイエローを受ける
30分ラームが左サイドをえぐりクロスを上げ
クローゼがシュートするもキーパーファインセーブ!
この試合はあまりラームの上がりが目立たず慎重に
プレーしている様だった。
34分ルチッチがクローゼのユニフォームを引っ張り
この日2枚目のイエローを受け退場!
スウェーデンは残り55分以上を10人で戦わなければいけなくなった。
38分シェルストムに代えハンソン投入。
スウェーデンは4−3−2というシステムでこの後を戦った。
39分ヨンソンからのボールを受けたイブラヒモビッチが反転シュートするも
キーパーが弾く。イブラヒモビッチのゴールに匂いのするプレーは
この場面くらいでこの日もついに覚醒することは無かった。
42分ラーションの左サイドクロスにヨンソンが詰め
キーパーこぼすも誰もつめられず。
体力の切れる前の前半にせめて1点返しておきたかったが
ロスタイム2分を消費し
前半終了

 前半の45分でスウェーデンは10人で2点ビハインドという
かなり厳しい状況に立たされてしまった。
ラーションのプレーもイマイチキレがなく、
リュングベリもなかなか一人では左サイドを崩せない苦しい試合だった。

後半開始
1分リュングベリのパスにヨンソンが反応するも
これはレーマンの反応の方が早くキャッチされてしまう。
トップにボールがおさまらない以上
このシーンの様に両サイドが頑張らなければいけない展開だが、
後半もこのシーン以外あまり決定的な場面が作れなかった。
2分ヨンソンがイエローを受ける。
そしてなかなかチャンスの作れなかったスウェーデンが絶好のチャンスを迎える。
ペナルティエリア内でボールをキープしようとした
ラーションをメツェルダーが後ろから倒しファウル。
スウェーデンPK獲得!
しかしこのPKを信じられない事にラーションが
ゴール上へ大きく外してしまう。
事実上この時点で試合は終わってしまった。
この後スウェーデンの足は止まりだし、
チャンスらしいチャンスも作れず、
10分にはバラックのミドルがイサクソンの手に当たり
左ポストを叩く!
このあたりはかなり自由にバイタルエリアへ
ドイツのパスが入りスウェーデンは防戦一方という感じだった。
ここ後両ベンチが動き
27分シュバインシュダイターに代えボロウスキ投入
27分イブラヒモビッチに代えアルバック投入
28分ポドルスキーに代えノイビル投入
32分アルバックがイエローを受ける
37分シュナイダーがペナルティエリア右角から打った
シュートがDFに当たり右ポスト直撃!
この時間帯は完全にドイツペースだった。
39分フリングスに代えケール投入
45分その後ドイツが上手く時間を使いロス3分を消費して
試合終了 ドイツベスト8進出!
試合終了時点でのボールポゼッションが
ドイツ63%スウェーデン37%と数字が示すように
完全なドイツペースの試合だった。


ドイツ2−0スウェーデン
5'13'ボドルスキー


↓この勢い誰に止められない!
とんでもない勢いで急降下中。
どこまで下がったかは貴方の目でお確かめください(笑)↓
人気blogランキングへ


posted by KEN at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | W杯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。